たくさん黒ずみについて調べたアウトプット♪

歯の黒ずみを取る方法

人と会ったり、話したりしている時、塞ぎこんだ顔よりも笑顔で話したほうが、お互いに楽しい気持ちになれるものです。
その笑顔の中心になっているのが、目と口です。キラキラした目と、輝いた口元はとても相手に対してすがすがしい気持ち
にさせます。
口元は、なんといっても、笑顔で見える歯ですね。唇も綺麗で艶々していることはとても素敵なことですが、歯が白くて
輝いていると、とても印象に残ります。テレビのコマーシャルなどで出てくる方々は必ず歯のお手入れをしているように
見えませんか?お笑い芸人さんでも歯のお手入れをしている人が多く見受けられます。
それほど、歯というものは、相手に対する印象に残るものだと思います。

 

しかし、一方で歯はそもそも食物を食べるために存在するものですので、飲食で常に使われ、汚れたり、傷が付いたり
しています。虫歯予防のための歯磨きは当然ですが、それだけだと、どうしても黄ばみや黒ずみが発生することがあります。

 

この歯の黒ずみに対してどうしたら、予防したり、改善したりできるのか、ここではお話していきたいと思います。

 

(1)歯に黒ずみができる要因について

 

  皮膚などは、外的刺激、紫外線、新陳代謝の低下などで黒ずみが発生しますが、歯の場合は皮膚とは違うので、
  発生要因は異なります。以下のような要因が歯の黒ずみの主なものになります。

 

 

1.飲食物や喫煙


   飲食物の色素が歯の表面に着くことによって歯全体が黒ずみます。

 

 

2.歯石の堆積


   歯石自体は乳白色系ですが、歯周病をもつ方の歯石は、歯茎からの出血でも歯石が作られてしまい、それが黒く
   なります。

 

 

3.詰め物の劣化


   詰め物が銀歯の場合、銀イオンがイオン化して溶け出し、歯や歯茎に浸透して黒くすることがあります。
   詰め物がプラスチックの場合は、口の中の水分を金属物よりも吸収しやすいため、劣化し、3、4年程度で変色、
   黒くなっていくことがあります。

 

 そのほかにも、歯や口内用の薬や、虫歯が原因となる場合もあります。
 次にこれらの原因に対する対策や予防について紹介します。  

 

 

(2)歯の黒ずみへの対策や予防について

 

 

1.飲食物や喫煙によるもの


   歯についた着色にはクリーニングが有効となります。
   自宅で行う場合は、ホワイトニング用歯磨きを購入して、日頃から使用していると効果的です。

 

   ホワイトニング用歯磨き粉には着色を薄くする成分や、歯の表面を滑らかにして着色しにくくする効果があります。   
   歯がギザギザしてしまっていて、溝が深くなっているところなどは、なかなか黒ずみが取れないと思いますので、
   こういった場合は、歯医者さんでのクリーニングが有効となります。

 

 

2.歯石の堆積によるもの


   歯石は歯周病からくるケースが多いことから、できれば定期的に歯医者さんに行き、歯石の除去と、歯周病の予防
   方法について相談することが効果的です。

 

 

3.詰め物の劣化によるもの


   銀イオンが浸透して黒くなった部分は、削り取らないと白くならないことから、黒い部分をできるだけ削り取って、
   白い代替物で治療することになります。
   詰め物についても、劣化が進んでいることが原因であると思われるため、基本的には新替することになります。

 

 そのほかの薬や虫歯によるものを考慮しても、総括的には早めに、できれば定期的に歯医者さんに行き、歯と歯茎の健康
 状態を確かめることが、黒ずみの対策と予防にもなるかと思います。

 

 歯は、顔や表情の輝きを増すことだけでなく、本来の食物を食べるためという機能からも常に大事にしていたいものです。
 まずは、毎日の歯磨きなどでのお手入れと、規則正しい生活によって美しい歯を保つことから始めてみてはいかがでしょ
 うか?