たくさん黒ずみについて調べたアウトプット♪

股 の黒ずみを取る方法

股のいわゆるVゾーンと言われる部分は、意外にこの部分に黒ずみがあり、悩みにしている方が少なからずいるようです。
特に女性は小中学生のころにはいていたブルマや、成人後に体型を気にしてはいていたガードルなどで圧迫していたことが
要因となり、困っているようです。

 

 

黒ずみの発生要因

 股(Vゾーン)に黒ずみが発生してしまう主な原因は、外的刺激によるものだと言われております。肌に外的刺激を受けると
 その部分は、刺激に反応して、メラニンという色素(黒っぽい色)を溜めて防御しようとする性質があります。刺激ななくなれ
 ば、しばらく後にメラニンは必要ないと判断して、元に戻ろうとはするのですが、滞留してしまうと黒ずんでみえてしまう、と
 言うのが、黒ずみができる大まかな流れです。

 

 外的刺激を具体的に言いますと、いくつか挙げることができます。これらの原因を取り上げながら、これらに対する予防方法や
 除去やケアなどの対策についても合わせて紹介したいと思います。

 

 まず一つ目は、「摩擦、圧迫」です。 股は衣類との摩擦に常にさらされており、下着等に圧迫されているため、メラニン色素
 が継続的に発生し続けている、溜まっているといっても言い過ぎではありません。
 外出時はもとより、自宅でも下着をつけないでいることはほとんどないと思われますので、股、Vゾーンは本当に黒ずみやすい
 場所となります。予防としては、体の大きさや形(体型)に合わせた下着類を着用するようにして、過度の圧迫や摩擦を避ける
 ようにすることです。極端に言うと、すでに気になっている方は、自宅で休んでいられれる時などは、下着をつけないでいること
 も必要かもしれません。

 

 二つ目は、「汚れ」です。股はよく動く箇所なので、汗がたまりやすく、また近くの部分より柔らかく、凹んでいるので、垢や
 ゴミなどがたまりやすい場所でもあります。そのため、それらが原因となり、また、それらを元にできてしまう、溜まってしまう
 角質が古くなり黒ずんでくることがあります。この汚れに対しては、まずは入浴時に体をきれいにすることです。
 その時に、一生懸命取り除こうとしてこすり過ぎると、その行為が圧迫・摩擦になってしまうので、洗い方には十分注意しましょう。
 石鹸や洗浄用クリームを使って、十分に泡を立てて、その泡だけで体を洗うつもりでそっと触れる程度にしましょう。
 美白用の製品を使用すると、パックのように、泡を数分おいて、洗い流すだけの方法もあります。あくまでもやさしく洗うことが
 コツです。

 

 三つ目は「日焼け」です。ただし、股、Vゾーンは水着姿以外は日に当たるような部分ではないと思いますので、この点はあまり
 きにしないでいいかと思います。

 

黒ずみ部分のケアについて

 すでに黒ずみが股、Vゾーンに出てしまっている場合の対策としては、美白用のパック、クリーム、石鹸を使用することです。多く
 の商品がありますが、この部分はデリケートゾーンにも近く、敏感なので、刺激の強い、自分の体が拒否反応を起こすような強い
 ものは避けましょう。自分の体にあったものを選ぶことがとても大切です。自分にあったものを見つけたあとは、使用方法をよく
 読み、使用方法通りに用いましょう。
 そして、きれいにしたあとは、保湿が大切です。乾燥してしまっては元の木阿弥となってしまいます。保湿クリームなででケア
 してあげましょう。この時も圧迫、摩擦には気をつけて。

 

 

全体を通して、最後となりますが、メラニンを体の中から取り除くには、体の新陳代謝(ターンオーバー)が機能していることが
大切です。新陳代謝が活発でないと、不要になったメラニンを排出してくれません。適度な運動や栄養バランスの採れた食事、
十分なそして適切な時間帯に取る睡眠などで自分の体の中を整えましょう。
そうすれば、自然と黒ずみも取れていくと思います。時間はそれなりにかかると思いますので、気長に予防やケアをしていきまし
ょう。