たくさん黒ずみについて調べたアウトプット♪

顔の黒ずみを解消するには

顔は常に、外気(ほこり、乾燥、湿気)にさらされ、また日焼けしやすい箇所ですね。しかも顔は、当然ながら、
人に会うときには、必ず見られるところですから、顔の黒ずみやニキビなどは男女問わず、気になるものです。
黒ずみはすぐに取れるものではないですから、特に気になりますね。
そんな顔にできてしまいやすい黒ずみを解消していくにはどうしたらよいでしょうか

 

1.顔の黒ずみの原因

 

 顔に黒ずみができてしまう原因は、次のものが主な要因です。

  1. 圧迫や摩擦等の刺激
  2. 古い角質や皮脂、ほこりなどが毛穴に詰まる
  3. 日焼け
  4. ターンオーバー(新陳代謝)、ホルモンバランスの乱れ

 

 特に顔は毛穴に詰まった不必要なものが固まって黒くなり、黒ずみになっていくことが他の部位に比べて多いです。
 特にこの汚れに対する対策を考えていきましょう。

 

 

2.顔の黒ずみへの対策や予防は?

 

 黒ずみ解消の第一歩は、汚れを落とすことになりますが、急いで落とそうとして毛穴パックを使うと、かえって
 肌を傷めてしまったり、毛穴を広げた後のケアが不十分なために、キレイになったつもりでも、刺激が強すぎで
 これが原因になって、またすぐ黒ずみが生じてしまうということが多く、気をつける必要があります。
 黒ずみを再発させないためには、正しい洗顔と洗顔後の毛穴引き締めケアを行うことが大事です。

 

 以下に、その顔の黒ずみを落とす洗顔方法の手順を簡単に紹介します。
 (1)温めたタオルを顔に数分のせて、毛穴を開かせる。
 (2)石鹸などの洗剤を十分に泡立たせて、毛穴にそっと押し当てるようにやさしく洗う。
    ゴシゴシ洗い出すような方法は厳禁。
 (3)(2)の時間の3倍程度の時間をかけて丁寧にやさしく洗い流す。
 (4)化粧水などで毛穴を引き締めて保湿する。

 

 最後の「毛穴を引き締める」・「保湿する」という手順が、体の他の場所とは特別な手順になります。顔の肌のケアは、
 他の場所よりもより丁寧に行うことが大切です。
 他にも、圧迫や摩擦等の刺激は体の他の場所と同様、黒ずみの原因となります。こすり落とすような洗顔は、くれぐれも
 しないようにしましょう。
 過度な洗顔によって、脂分を取りすぎると、体は皮脂を多く分泌するようになるため逆効果になるので、気をつけましょう。

 

 最後になりますが、以上は体の外側からのケアとなります。内側からのケアとして、体の調子を整え、新陳代謝が活発な
 状態にしておけば、溜まってしまったメラニン(黒ずみの元)や肌の内側に溜まった老廃物を内側から排出しやすくなって
 いるので、相乗効果が得られると思います。

 

 綺麗な肌の顔でいられるよう、日頃のケアを大事にし、健康管理を十分にしていきましょう。